• News
  • About Lessons
  • About
  • Archives
  • Bells and Whistles
  • Contact

2021.12.3

My Song with Your Words

『あなたの言葉でわたしの歌を』ABC郵便プロジェクトを更新しました。

2021.11.10

「汀に立つと、私も海の生き物だった」

英語教室日記をアップしました。Bells and Whistles

2021.11.3

第18回 うごく哲学「Authenticity 自分らしさ」

紅葉が美しい秋の両足院 (建仁寺塔頭)にて、久しぶりに対面での開催です。今回のテーマは「Authenticity 自分らしさ」。普段深く話す機会のないテーマについて、国籍、職種、年齢を超えて話し合います。語学の得手不得手関係なく、自由に考えを話し合う場ですのでぜひご参加ください。
.

第18回 英語で語る『うごく哲学』

「Authenticity 自分らしさ」

 

会場|建仁寺両足院

京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591

定員|9名

日時|2021年11月30日(火) 午前10時より

会費|2,000円

ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ

 

ugocphilosophy@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。https://ugoctetsugaku7.webnode.com

 

うごくカラダ (10分)

・場を清め、身体を動かすことから対話へと備えます

 

うごくアタマ(1時間20分)

・英語でのディスカッション

・日本語での感想

 

Authenticity, “being true to oneself,” is a quality valued in modern society. Of course, authenticity is important in my relationship to myself, but it is also valued in our relationships with others. We enjoy the company of honest people who have stable relationships with themselves. This inner stability seems to express itself as outer stability.

 

Why is authenticity difficult to realize? How can authenticity be achieved? Why do you think authenticity is so important? Are there other qualities or ideals that are more important than authenticity?

 

「自分らしさ」  

Authenticity  信憑性がある。本物である。

 

自分らしさ、「自分に正直であること」は現代社会において必要だと言われています。自分らしさは、自分自身と向き合う場合に大切ですが、他の人との関わりにおいても意味があるとされています。自分自身と安定した関係性を築いてい誠実な人と過ごすのは楽しいものです。この内面の安定は外面にも影響しているように思います。

 

なぜ自分らしくあるのは難しいのでしょう?どうすれば自分らしくいられるでしょう。なぜ自分らしさは大切なのでしょうか。自分らしさよりも大切な要素や理想とする形はあるでしょうか。
 

2021.8.14

「涙」のこと

英語教室日記をアップしました。Bells and Whistles

2021.7.26

English School Summer course 2021

English Schoolでは毎年夏休み期間に基礎文法の特別レッスンを開催しています。どなたでもご参加いただけるオープンクラスですのでお気軽にご参加ください。
1レッスン2,000円 60分(オンライン)各回午前10:30〜
1. How to ask a question. 質問の英作文。(8月3日)

2. 助動詞 can, could, may, might (8月5日)

3. 助動詞 should, would(8月10日)

4. 文型と時制 (8月17日)

5. 過去、現在完了(8月20日)

2021.5.21

「さりげなく」と「共感」と

英語教室日記をアップしました。Bells & Whistles

2021.4.8

The ABC Mail Project

美術家のかなもりゆうこさん、写真家の草本利枝さんと『郵便プロジェクト』でコラボレーションしています。Archives

2021.1.30

「英語教室日記」がはじまります

出版社『さりげなく』の編集、ライターをされている稲垣佳乃子さんの連載がスタートました。英語にまつわるあれこれをお楽しみください。http://eigokyoshitsu.info/bells_and_whistles/

2020.5.18

Kio Griffith, Artist talk

アメリカと日本、両拠点で活躍されているアーティストのキオ・グリフィスさんにオンラインでトークしてただきました。トーク後は生徒さんとのディスカッションがありました。ぜひArchivesをご覧ください

 

 

2019.10.23

How do we define “vegetarian” and “vegan”?

オーストラリアで心理学の観点からベジタリアンやヴィーガンを研究されているMattさんがお越しくださいました。世界と日本の菜食主義について、活気ある話し合いとなりました。Archivesをご覧ください。

2019.6.27

We are sure you are born

Bells and Whistlesに森田麻祐子さんのエッセイをアップしました。ぜひご覧ください。

2019.6.27

保存食は楽しい!

美味しいものを一緒に飲んだり食べたりすると話しが広がっていく。先日のレッスン後、保存食labさんにランチを作っていただきました。大きなテーブルを囲んで英語と日本語が飛び交う中、ホッペタが落ちそうな美味しいお食事に舌鼓み!http://hozonshokulab.xyz
64768650_627478427765081_8014199401406791680_n

 

2019.1.18

Taro Shinoda and His Works

アーティストであり、現在は東京藝術大学で教鞭も取られている篠田太郎さんが『英語教室』にお越しくださりました。ダイナミックなお話しのレポートをArchivesにアップしました。ぜひご覧ください。

2018.11.3

Report on ‘Make an Emotional Time Capsule Map of Oomi’

Archivesに大見村でのワークショップのレポートをアップしました。輝く光のなかで、言葉について深く考えることができた豊かな時間でした。ぜひご一読ください。

 

2018.10.17

大見をARUKU ~Make an Emotional Time Capsule Map of Oomi~

京都市内から車で1時間、京都市左京区大原大見町。
豊かな自然に囲まれた山間の村で英語で地図作りのワークショップをします。
みなさまのお越しをお待ちしています!

 

43219222_2152252798182535_5547416026217447424_n

 
 

【10/27(土)大見をARUKU 参加者募集】
大見をARUKU
Mapping Oomi For Future
~100年後のあなたに伝える大見の地図づくり~
未来の人たちに伝えられるように、
大見を歩いて感じたことを英語で話して地図を作ろう。
——————–
ゆっくり話しながら歩く大見の印象は、あなたにとってどんなものでしょうか。英語が上手く話せなくても大丈夫。伝えたいという思いが言葉になるとき、きっと正しさや恥ずかしさを超えて、何かが相手に伝わるかもしれません。
言葉のナビゲートをしてくださるのは、『英語教室』を主宰している池上カノさん。普段使い慣れている日本語をいったん離れて、違う言語で表現するとき、見慣れているはずの日本の風景も違って見えるかもしれません。
今回のワークショップでは、みなさんの言葉を元に100年後の大見の未来を想像しながら「大見マップ」をつくる予定です。地図作りは大見新村プロジェクトメンバーで、都市研究者の北雄介がナビゲートします。
美味しい食事とウエルカムティーもご用意しています。
秋の紅葉が美しい大見にぜひ遊びに来てください。
——————–
日時:10月27日(土)10:30-17:00
場所:左京区大原大見町
https://goo.gl/maps/vRVxHjynEUN2
参加費:3,000円(昼食、ウエルカムティー付)
(北山駅から大見までの送迎をご希望の方は別途1,500円)
講師:池上カノ『英語教室』主宰
参加対象:英語や外国語に興味をもつ方。
全くの初心者から上級者までスキルは問いません。
申し込み:必ず下記のフォームよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/ehUA7PUpcKGI3Nvh1
問い合わせ先:newoomi@gmail.com(河本)
——————–
(講師紹介)
池上カノ
『英語教室』主宰
楽しく英語に触れられるワークショップやイベントを多数企画。
異なる言語に触れることから境界を超える旅を提案している。
http://eigokyoshitsu.info/

 
大見新村プロジェクト

2018.7.27

Archives : English Camp Project Proposals 

Archives:『英語合宿の企画書』という小冊子を発行しました。こちら

をご覧ください。

 

37772633_1245196812284136_3141656426837966848_n

2018.4.1

Archives : You Decide Where Curiosity Goes

ドキュメンタリー映画 ‘BUGS’ や ’AI WEIWEI, THE FAKE CASE’ などの監督Andreas Johnsen氏が英語教室にお越しくださいました。レポートはコチラ

Andreas Johnsen, a Danish filmmaker, gave a talk at the English School.
Here’s a report.
 

aiweiwei

 

2018.3.7

【Update】

2017.7.15

【Update】

Archives:Dialogue with The Green Pilgrims
Bells and Whistles:HOMEWORK vol.2 -How do you express your feelings?-
を追加しました。ぜひご一読ください。

2017.3.20

Bells and Whistles : HOMEWORK

 

homework_032017_2

 

Bells and Whistlesに、レッスンのドローイングレポートを追加しました。

描き手は、京都在住のアーティスト、イラストレーターの岡島飛鳥さん http://siki.tokyo/ です。

 

英語教室のレッスンに参加する中で捉えたイメージや、英語という言語について考えた事などを、“HOMEWORK”と題して連載していきます。どうぞご期待下さい。