• News
  • About Lessons
  • About
  • Archives
  • Bells and Whistles
  • Contact

2024.2.14

​​UGOC Philosophy Session 34: Breathing

英語で語る『うごく哲学』
 
第34回「呼吸」
2024年2月 27日(火) 午前10時から午前11時15分まで 
オンラインでの開催です。
定員|9名
会費|1500 円
ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ
ugocphilosophy@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。https://ugoctetsugaku7.webnode.com


呼吸は生命の働きのひとつです。しかし、生命全体を象徴するものでもあります。呼吸は周期的で、人間は他の動物と同様に誕生、成長、死のサイクルを経験します。しかし、人間は呼吸を「コントロール」したり「止める」こともできます。また「深く」呼吸したり、呼吸に「集中」したりします。生命の他の側面と同じように、呼吸もまた自然発生的でありながら、私たちがより積極的にかかわることができる側面を持っているといえます。
 
呼吸とより積極的なかかわりを持つことで、私たちは何を得ることができるでしょう?​​呼吸は人間だけでなく、他の生命の形とどのようにつながっているのでしょうか?
 

​​UGOC Philosophy Session 34: Breathing
 
February 27th, 2024 (Tuesday) 10:00 ~11:15
Online meeting
Facilitators: Sova, Ito Toryo, Ikegami Kano
Membership fee: 1500 yen
Discussion in English


Breathing is one of many life functions. But it can also symbolize life as a whole. Breathing is cyclical, and humans go through the cycles of birth, maturation, and death that are common to the other animals. Yet, humans can also “control” or “hold” their breath; they can “take deep” breaths and even “focus on” their breathing. Like many other aspects of human life, breathing too seems both completely spontaneous and yet has some aspect that we can become more active toward.
 
What can we gain from having a more active relationship toward our breathing?
How does breathing connect us, not only to other human beings, but also other forms of life?
 

2023.12.30

英語教室日記「あなたのそばに」

出版社「さりげなく」のわかめかのこさんによる英語教室日記を更新しました。心に響く連載です。

2023.10.29

“Aalto” A documentary by director Virpi Suutari

10月13日より公開中の映画『アアルト』のヴィルピ・スータリ監督の京都のトークで通訳をさせていただきました。建築家の葛藤、情熱、そして美しい映像と音楽がとても素敵でした。(Kano)
 
​​監督:ヴィルピ・スータリ(Virpi Suutari)
制作:2020年
配給:ドマ
後援:フィンランド大使館、フィンランドセンター、公益社団法人日本建築家協会
協力:アルテック、イッタラ 2020年/フィンランド/103分



 

Aalto Family  

2023.9.23

UGOC Philosophy Session 33: Perspective

英語で語る『うごく哲学』
 
第33回「視点」
2023年9月 26日(火) 午前10時から午前11時15分まで
オンラインでの開催です。
定員|9名
会費|1500 円
ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ
ugocphilosophy@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。https://ugoctetsugaku7.webnode.com
 

 
視点
「Perspective/ 遠近法」とは、もともと絵画技法のひとつであり、鑑賞者が窓から景色を見るかのように絵画を観ることを指します。現在、「Perspective」とは、個人的な「視点」や物事に対する考え方や物事における本当の関わりとはなにかを読み解く力のことを指すといえるでしょう。
「Perspective」は、客観と主観との関係性を考えるものであり、哲学にとって多くの興味深い問いが生じます。どのような方法でより「客観的」に見ることができるのでしょうか。純粋に「客観的」な視点をもつことはできますか?個人的「主観」にはどのような意味があるのでしょうか?「客観」と「主観」の間にはどのような関わりがありますか?


UGOC Philosophy Session 33: Perspective
September 26th, 2023 (Tuesday) 10:00 ~11:15 JST
Online meeting
Facilitators: Sova, Ito Toryo, Ikegami Kano
Membership fee: 1500 yen
Discussion in English


Perspective
“Perspective” originally referred to a technique in painting that would allow the viewer to view the canvas as if they were looking through a window onto a scene. Today, “perspective” refers both to one’s personal “point of view,” or way of thinking about things, and to the capacity to view things in their true relations. We could say that “perspective” deals with the relationship between the objective and the subjective, which raises many interesting questions for philosophy.
In what ways can we attain a more “objective” perspective on things?
Is it possible to gain a purely “objective” perspective?
What is the significance of our personal “subjective” perspectives?
What do you think is the relationship between “objective” and “subjective” perspectives?
#ugocphilosophy #両足院 #perspective

2023.9.1

Art in Daily Life: Staying Creative and Calm in the Eye of the Storm

アメリカよりアーティストのレオとナンシーをお招きして、トークしていただきました。日々制作を継続することの大切さについて話し合いました。Archives

2023.4.23

My Song with Your Words

『あなたの言葉でわたしの歌を』ABC郵便プロジェクトを更新しました。

2023.4.3

UGOC Philosophy Session 30: Art

新緑が美しい初夏の京都建仁寺両足院で、アートについて話しあいましょう。
 
英語で語る『うごく哲学』
第30回「Art」
2023年4月 28日(金) 午前10時半から12時00分まで
 

 
会場|建仁寺両足院
(京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591)
定員|9名
会費|2000 円
ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ
ugocphilosophy@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。https://ugoctetsugaku7.webnode.com
 
​​うごくカラダ (10分)
・場を清め、身体を動かすことから対話へと備えます
うごくアタマ(1時間20分)
・英語でのディスカッション
 
今日の「アート」とはどのようなことを言いますか。アートとは、なにがどこにあるのでしょうか。アートと呼ばれるものには作品、アーティストそして鑑賞者という3つの欠かせない要素があります。テクノロジーの分野も同様に装置があり、作り手、利用者がいます。日々の暮らしの中で、足に履く靴から手に持っているスマホまで絶えず技術にふれています。けれども、アートと向きあうとき、その「アート」を理解するのはとても難しいように思います。
 
一部の作品を「アートワーク」と呼ぶのはなぜでしょうか。機器メーカーとアーティストの違いはなんですか? 利用者ではなく、アートの鑑賞者である私たちはどこにいるのでしょう? それとも、このような分類に意味の違いはないのでしょうか。
 

 
UGOC Philosophy Session 30: Art
 
April 28th, 2023 (Friday) 10:30 am~12:00 am
Venue: Ryosoku-in, Kenninji
Facilitators: Sova, Ito Toryo, Ikegami Kano
Membership fee: 2000 yen
 
Moving body (10min.)
Purify the space, moving the body to prepare for conversation
 
Moving mind (80min.)
Discussion in English
 
Why, what, and where is “art” today?
There seem to be three key ingredients for art: the artwork, the artist, and the audience.
Similar ingredients are necessary for technology: gadgets, makers, and users. In everyday life, we constantly interact with technology, from the shoes on our feet to the smartphones in our hands; but it is much harder to recognize when we interact with art.
 
Why are some products called “artworks”? What is the difference between a gadget-maker and an artist? Where are we, not users, but an audience to art? Or: is there no meaningful difference between these categories?

2023.3.2

Our Words, Our Songs

京都堀川で、『Our Words, Our Songs』 と題してワークショップと展覧会を開催しました。
郵便物の持つ魅力、写真が伝えるそれぞれの土地の光、そしてことばを発するおもしろさについての展示です。
 
ワークショップでは、ABCが印刷された紙にそれぞれ好きな言葉を書きます。
そして集まったことばをつないで詩を作りました。
さまざまな言語が飛び交い、それぞれの物語を読みあっていると世界を旅しているように感じました。
 
Our Words, Our Songs was born out of the collaborative ABC Mail Project created by Kano Ikegami, artist Yuko Kanamori, and photographer Toshie Kusamoto. On a sheet of paper, participants wrote down words for each letter of the alphabet. We weave the words together in the form of a poem. We use the words of others to compose a song – and create a polyphonic body of work.
 

 

 

2023.2.15

UGOC Philosophy Session 28: Creativity in the Age of AI

英語で語る『うごく哲学』
第28回「Creativity in the Age of AI」(AI時代の創造性)
 
2023年2月 28日(火) 午前10時から11時15分まで
定員|9名
会費|1,500円
ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ
ugocphilosophy@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。https://ugoctetsugaku7.webnode.com
 
オンライン(ZOOM)での開催です。
☐英語でのディスカッション(1時間)
☐日本語での感想(15分)
 
AI時代の創造性
 
AIの生成技術により、私たちはさまざまなアイデアを得たり、文書を作成したり、イメージ画像を作り出すことで新しく創造的な作業ができるようになりました。同時に、この新しい技術には創造の本質という面において多くの疑問が生じるようにも思います。
 
AIは人間の創造性を高めますか。私たちはAIをどのように使い、管理できるでしょう。使うべきでない状況や場合などありますか。このような技術は創造にとって脅威となりうるでしょうか。
 
UGOC Philosophy Session 28: Creativity in the Age of AI
 
February 28th, 2023 (Tuesday) 10:00am~11:15am JST
Facilitators: Sova, Ito Toryo, Ikegami Kano
Membership fee: 1500 yen
Online meeting
Discussion in English
 
With generative AI, people are finding new ways to carry out creative tasks, such as brainstorming, writing, and image making. At the same time, this new technology raises many questions about the nature of creativity.
 
Can AI enhance human creativity? How could we use or regulate AI to do so?
Are there any certain cases or situations in which we should not use AI? Do technologies generally introduce dangers to creativity?

2023.2.9

Our Words, Our Songs 〜いろんな国のことばで詩を作る〜

Our Words, Our Songs 〜いろんな国のことばで詩を作る〜ワークショップ
 
参加者はABCが印刷された紙にそれぞれ好きな言葉を書きます。そして集まったことばをつないで詩を作りましょう。あなたもいろんな人のことばから自分の詩を紡いでみませんか。
 
[ 開催概要 ]
日時:2023年 2月23日 14:00〜16:00
定員:10名(どなたでも参加できます)

参加費:1000円
会場:堀川団地 出水団地第3棟 317号(元 堀川ACラボ)
https://maps.app.goo.gl/g2KeoR66v7sLcnur7?g_st=ic
 
Exhibition

展示:2023年 2月21日~23日 11:00〜18:00

池上カノの「ABC Mail Project」は、美術家・かなもりゆうこの郵便作品の試みを発端に、写真家・草本利枝とコラボレーションから生まれました。会期中、その一部を展示しています。
 
本イベントは令和5年3月中旬から店舗・住戸「住まい手」募集が始まる、”アートと交流”の堀川団地にて開催される「堀川Exchanges」の一環として実施致します。https://horikawa-exs.anewal.net

 

主催:京都府住宅供給公社, NPO ANEWAL Gallery

共催:一般社団法人COIL
 

 
池上カノ

暮らしや芸術、社会問題などをトピックとして取り上げ、 「生きていることば」を体感できるワークショップやイベントを多数企画している。英語で語りあう『うごく哲学』を毎月開催。『英語教室』主宰。

 

かなもりゆうこ

美術作家。紙や糸から手作業で生み出すオブジェや、映像インスタレーションとパフォーマンス、書物をテーマにした作品や郵便形式の試みなど、さまざまなかたちの詩的表現を行う。

 

草本利枝

写真家。出身地である別府やダンサ ー と障がいがある人とのワークショップなど様々な身体が交差する 「場」を撮影。東日本大震災以降は宮城県女川町に通い少年の撮影を続ける。

 

ABC Mail Project

Exhibition:2023 February 21st to 23rd (11:00〜18:00)

Venue:No. 317, No. 3, Horikawa Danchi Izumi Danchi, Naramono-cho, Kamigyo-ku, Kyoto City, Kyoto Prefecture

https://goo.gl/maps/rq4FFdQTqnviK84X9

 

Our Words, Our Songs 〜Let’s compose poems out of our words〜

 

Date:2023 February 23rd (14:00〜16:00)

Capacity: 10 people (Anybody can join us)

Fee: 1000 yen

 

Our Words, Our Songs was born out of the collaborative ABC Mail Project created by Kano Ikegami, artist Yuko Kanamori, and photographer Toshie Kusamoto. On a postcard, participants wrote down words for each letter of the alphabet and sent it back to us via snail mail. Kano takes the words from an individual’s postcard and weaves them together in the form of a poem. Come join us as we use the words of others to compose a song – and create a polyphonic body of work.

 

Kano Ikegami 

Organizer. Aims to bring words to life. Her workshops touch upon a variety of meaningful topics including lifestyle, art, and society. She is the director of an unconventional English school called  Eigo Kyoshitsu. 

 

Yuko Kanamori 

Artist. Through various poetic expressions, Yuko makes mixed media objects by hand out of paper and thread. Her works cover the span of visual installations, performances, and delicate pieces whose motifs are books and snail mail.
 
Toshie Kusamoto 

Photographer. She took photos of her hometown, Beppu, and workshops of dancers and people with disabilities, where various bodies cross. Since the Great East Japan Earthquake, she has been photographing the life of a young boy in Onagawa, Miyagi.

2022.12.30

英語教室日記「一晩かけて考える」

出版社『さりげなく』の稲垣佳乃子さんによる英語教室日記を更新しました。

2022.11.5

UGOC Philosophy Session 27: Storytelling

英語で語る『うごく哲学』
第27回「Storytelling」
 
2022年11月 24日(木) 午前10時から11時15分まで
定員|9名
会費|1,500円
ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ
ugocphilosophy@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。https://ugoctetsugaku7.webnode.com

オンライン(ZOOM)での開催です。
☐英語でのディスカッション(1時間)
☐日本語での感想(15分)

 

物語り
小説、噂話、舞台や映画など、私たちは良い物語を楽しみますね。物語は私たちを虜にし、良い物語に「動かされ」ます。では物語とはエンターテイメントを超えるものなのでしょうか?

良い物語の要素とは何でしょう?物語が「現実的」であることは大事ですか。物語ることに価値はあるでしょうか。
 
UGOC Philosophy Session 27: Storytelling

November 24th, 2022 (Thursday) 10:00am~11:15am JST
Facilitators: Sova, Ito Toryo, Ikegami Kano
Membership fee: 1500 yen
Online meeting
Discussion in English
 
Storytelling
From novels to gossip, theater to cinema, we all enjoy a good story. Stories can “hook” us; good stories are “compelling.” But are stories more than entertainment?
What are some elements of a good story?

Does it matter if a story is “realistic”? Is storytelling worthwhile? Why or why not?

2022.5.6

UGOC Philosophy Session 23: Simplicity

初夏の両足院で、英語のお話し会を開催します。母語でないからこそ素直に話せるおもしろさをいつも感じています。美しい庭園でご一緒しましょう。
 
第23回 英語で語る 『うごく哲学』
「Simplicity シンプルとは」
 
会場|両足院
京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591 建仁寺山内
定員|9名
日時|2022年5月27日(金) 午前10時半より
会費|2,000円
ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ
 
お申し込みは、ugocphilosophy@gmail.comもしくは当ホームページまでお名前、メールアドレスをお知らせください。
 
うごくカラダ (10分)
・場を清め、身体を動かすことから対話へと備えます
 
うごくアタマ(1時間20分)
・英語でのディスカッション
・日本語での感想
 
「シンプル」とは
明確にする。無駄をなくす。集中する。そして深めていく。
これらのことばを合言葉のように唱えながら、私たちは何を求めているのでしょうか。
 
「シンプル」とはなにか、語り合いましょう。
 
UGOC Philosophy Session 23: Simplicity
 
May 27th, 2022 (Friday) 10:30am~
Facilitators: Sova, Ito Toryo, Ikegami Kano
Venue: Ryosoku-in, Kenninji
Membership fee: 2000 yen
 
Moving body (10min.)
Purify the space, moving the body to prepare for conversation
 
Moving mind (90min.)
Discussion in English
Wrap up in Japanese
 
Simplicity
Get clear. Avoid waste. Stay focused. Go deep.
These are our mantras. But what do we seek by following them?
 
Let’s talk about simplicity.

 

2022.2.25

英語教室日記 「ひとつずつ」

英語教室日記を更新しました。

2021.12.24

Happy Holidays!

Here’s wishing you all the joy of the season.
Happy holidays and see you in 2022!

2021.11.10

「汀に立つと、私も海の生き物だった」

英語教室日記をアップしました。Bells and Whistles

2021.11.3

第18回 うごく哲学「Authenticity 自分らしさ」

紅葉が美しい秋の両足院 (建仁寺塔頭)にて、久しぶりに対面での開催です。今回のテーマは「Authenticity 自分らしさ」。普段深く話す機会のないテーマについて、国籍、職種、年齢を超えて話し合います。語学の得手不得手関係なく、自由に考えを話し合う場ですのでぜひご参加ください。
.

第18回 英語で語る『うごく哲学』

「Authenticity 自分らしさ」

 

会場|建仁寺両足院

京都府京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591

定員|9名

日時|2021年11月30日(火) 午前10時より

会費|2,000円

ファシリテーター|Sova・伊藤東凌・池上カノ

 

ugocphilosophy@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。https://ugoctetsugaku7.webnode.com

 

うごくカラダ (10分)

・場を清め、身体を動かすことから対話へと備えます

 

うごくアタマ(1時間20分)

・英語でのディスカッション

・日本語での感想

 

Authenticity, “being true to oneself,” is a quality valued in modern society. Of course, authenticity is important in my relationship to myself, but it is also valued in our relationships with others. We enjoy the company of honest people who have stable relationships with themselves. This inner stability seems to express itself as outer stability.

 

Why is authenticity difficult to realize? How can authenticity be achieved? Why do you think authenticity is so important? Are there other qualities or ideals that are more important than authenticity?

 

「自分らしさ」  

Authenticity  信憑性がある。本物である。

 

自分らしさ、「自分に正直であること」は現代社会において必要だと言われています。自分らしさは、自分自身と向き合う場合に大切ですが、他の人との関わりにおいても意味があるとされています。自分自身と安定した関係性を築いてい誠実な人と過ごすのは楽しいものです。この内面の安定は外面にも影響しているように思います。

 

なぜ自分らしくあるのは難しいのでしょう?どうすれば自分らしくいられるでしょう。なぜ自分らしさは大切なのでしょうか。自分らしさよりも大切な要素や理想とする形はあるでしょうか。
 

2021.8.14

「涙」のこと

英語教室日記をアップしました。Bells and Whistles

2021.7.26

English School Summer course 2021

English Schoolでは毎年夏休み期間に基礎文法の特別レッスンを開催しています。どなたでもご参加いただけるオープンクラスですのでお気軽にご参加ください。
1レッスン2,000円 60分(オンライン)各回午前10:30〜
1. How to ask a question. 質問の英作文。(8月3日)

2. 助動詞 can, could, may, might (8月5日)

3. 助動詞 should, would(8月10日)

4. 文型と時制 (8月17日)

5. 過去、現在完了(8月20日)

2021.5.21

「さりげなく」と「共感」と

英語教室日記をアップしました。Bells & Whistles