• News
  • About Lessons
  • About
  • Archives
  • Bells and Whistles
  • Contact

The ABC Mail Project
 
ABCが印刷されたハガキにそれぞれ思いつく言葉を書くThe ABC Mail Project。世界中から集まった言葉を紡いで詩を作っています。郵送されたハガキ一枚ずつに書かれた単語をつなげて。他の人の言葉であなたも詩を作ってみませんか?作ってみたいと思われる方はぜひご連絡ください。
 
On a postcard, participants wrote down words that came to mind from A to Z. And we are composing poetry out of collected words from all corners of the world. My poetry is merely an example. You should try composing your own poetry using the words of others. You may find it to be enjoyable?
Update every Friday. 毎週金曜日に更新します。
 
postcard: Yuko Kanamori
photo: Toshie Kusamoto
 
My Song with Your Words #12
 

 
The quest of a grasshopper was hidden in history.
Linear relationships between modality and vacant patterns
haven’t been inquired.
When we change stable water flows,
And joke about flat timelines in the foggy skyscape,
We’ll draw a unique creation out of chaos.
 
キリギリス冒険歴史隠されていた。
形式空虚なパターンとの直線関係について
誰も問うことは無かった。
安定した水の流れを変えて、
ぼんやりした空に見える退屈な予定について笑い飛ばした時、
僕たちは混沌からすばらしい作品描くのだ。
 

My Song with Your Words #11
 

 
Colorful memories are filled with yummy Hawaiian ambient music.
We designed East and West but neither opened global love.
Foggy neutral questions did not boost our ideas, either.
It was only when we jumped on the Vespa,
Climbed up a tree, and saw a star together,
That we understood the meaning of Xmas.
 
色とりどり記憶素敵なハワイ環境音楽で満たされている。
西を作ったけれど、界的に愛開かれることはなかった。
ぼんやりしたどっちつかず問いが、アイデアをもたらすこともない。
ベスパ飛び乗りに登って、一緒にを見た時に、
はじめてクリスマスの意味が分かったよ。
 

 
My Song with Your Words #10
 

 
A young saint told us under the dreamy light.
Zones we created didn’t allow us to touch eternal oneness.
When the queen of nomad gave thanks to our memory with her crystal voice,
An angel kissed our hopes and wonders.
Then a fairy prince gave birth to inspiration and joy in the universe.
 
若い聖人夢のような光の中で話してくれた。
私たちが生み出す区分永遠の調和に触れさせなかったと。
遊牧民女王透き通る声で私たちの記憶感謝を述べた時、
天使希望奇跡キスをした。
そして妖精の王子ひらめき喜び宇宙に生み出したのだ。
 

My Song with Your Words #9
 

 
The N’s Alphabet Chart
 
Aiueo; あいうえお the five first hiragana characters. /jp
Bingo; ビンゴ
Cika *(shika); 鹿 deer /jp
Daruma; Dharma だるま /Sanskrit
Eruka (iruka); イルカ whale /jp
Fune; ふね boat, ship /jp
Goma; ごま sesame /jp
Hima; ひま to have nothing to do /jp
Indonesia; インドネシア
JiJi; ジジ
 
Karasu; カラス crow /jp
Lakuda (rakuda); ラクダ camel /jp
Mattie (macchi); マッチ match
Noara (nohara); 野原 field /jp
Onigiri; おにぎりrice ball /jp
Paseri; パセリ parsley /jp
Qui (kyuri?); きゅうりcucumber /jp
Rapppal (rappa); ラッパ trumpet /jp
SoDa (soda); ソーダ soda
Taiko; たいこ drum /jp
 
Usi (ushi); 牛 cow /jp
Vuta (buta); 豚 pig /jp
Waln (wain); ワイン wine
Xman; X-Men
Yakyu; 野球 baseball /jp
Zorori; ゾロリ a character in a Japanese children’s comic book series /jp
 
* (    ) is the common romanized Japanese words
 
 

My Song with Your Words #8
 

 
What if everything is a mirage?
I would hold onto only this moment.
 
もし全てが蜃気楼なら?
この瞬間だけを私はつかむ。
 

My Song with Your Words #7
 


 

Yallah!
We float and jump in an open utopia,
And sometimes gobble and run for nothing.
When the calm air of Hapo makes us move in twilight,
We know what essential is.
She knits different types of letters on a quilt every season.
Inshallah.
 

さあ!

開かれた理想の土地で、飛んだ浮かんだり、

ときどき意味もなくガツガツした走ったり。

ハポ穏やかな空気に、薄明かりのなか私たちは動かされて

なにが大切なのかを知る。

彼女は季節ごとキルト違う文字編み込んでいる。

神の思し召しがありますように

 

Hapo; mother/ Ainu language お母さん (アイヌ語)
Inshallah; God willing/ Arabic  神の思し召しの通りに! (アラビア語)
Yallah; Let’s go/ Arabic さあ行こう (アラビア語)

 

My Song With Your Words #6
 

 
A fluffy sloth, a quiet tortoise, and a genius butterfly
Played at an amphitheater in York.
The rhythm of their collaboration knocked on the door of peace and joy,
Where the dreamy vortex of music healed a unicorn.
Together they manifested an ideal omelet and ate it
In the limelight on autumnal equinox day.
 
ふわふわナマケモノと、物静かなカメと、天才の蝶が、
ヨーク円形劇場で演奏していた。
そのリズム平和喜びの扉をたたき、
のような音楽ユニコーン癒された。
みんなで理想オムレツを思い描いて
スポットライトの下で一緒に食べた秋分の日。
 

My Song with Your Words #5
 


 
Спасибо’ said someone from the United Kingdom.
Danke’ said someone from Israel.
Grazie’ said someone from Romania.
Kiitos’ said someone from Sweden.
Merci’ said someone from Pakistan.
Obrigado’ said someone from Spain.
Salamat’ said someone from Malaysia.
Thank you’ said someone from China.
And,
Arigatou’ said someone from next door.
 

My Song with Your Words #4
 

 
Reiko was indulging in peanut butter ice cream whilst listening to TWICE,
When some healthy space kittens arrived in a UFO.
They knew nothing about Shinee, NCT, nor Mamamoo,
So her family explained how excellent they were. The kittens wanted to do
Something to show their thanks so they played X Japan, Yes, and Wham!.
All of them loved joking around and dancing to the songs of Queen and BTS.
 
レイコTWICEを聴きながらピーナッツバターアイスクリームを楽しんでいたの
元気宇宙子ネコたちがUFOに乗ってやってきた時に。
子ネコたちはShineeNCTMamamooのことも知らなかったから、
レイコ家族は彼らがどれだけすごいか話してあげました。
子ネコたちはなにかお礼をしたくてX JapanYesWham!の音楽を演奏したよ。
みんなで冗談を言い合って、
QueenBTSの曲に合わせて踊るのが楽しくてたまらなかった
 

My Song with Your Words #3
 

 
After reading “The Spring of Tunnel,”
Watanabe quietly opened the paper package from Japan.
Cool breeze from the beach turned the underground into an open space.
The sound of a xylophone gave Watanabe an idea.
Beneath the moon, the voice of the date made them feel great.
 
トンネル」を読んだ後、ワタナベそっと日本からの包みを開封した。
海辺からの涼しいそよ風は、地下道広々とした空間にしてくれる。
木琴音色アイデアが浮かんできた。
の下、恋人最高の気分になったよ。
 

My Song with Your Words #2
 

 
Kouhai said *’arigatou‘ and I was *’ureshii‘ at the zoo.
Body language travels from Cambodia to Japan with the happy *oんがく.
I had a dream that my mother said *’xiexie’ on a roller coaster.
 
動物園後輩ありがとうと言ってくれて嬉しかった
身体言語楽しい音楽に合わせてカンボジアから日本まで旅をする
ローラーコースターお母さんが「謝謝」と言ったを見たんだ。
 
kouhai; junior student, younger people/ jp
arigatou; Thank you/ jp
ureshii; pleased/ jp
oんがく; (ongaku) music/ jp
xiexie; Thank you/ chn
 

My Song with Your Words #1
 
The ABC Mail Projectは美術家のかなもりゆうこ、写真家の草本利枝、池上カノの3人のコラボレーションから生まれました。ABCが印刷されたハガキにそれぞれ思いつく言葉を書いて郵送していただきました。
 

 
ドイツ語、アラビア語、インドネシア語、バスク語、ポーランド語など。アイヌ語や五島弁、「じぶん語」の人もいました。旅の途中で投函してくれた人。療養中の人。レバノンには郵便が四ヶ月かかって届くなど、それぞれに物語がありました。


 
Ever since our ancestors walked as orangutans,
Earthlings have been at times
O
ptimistic
and pessimistic in this yin yang universe.
The depth of various feelings are inspiring.
We are the handmade gifts of cosmic rhythm,
While the Taurus contemplates blue wisteria at The Kew Gardens.
 
先祖オランウータンのように歩いて以来、
地球人陰陽の世界楽観したり悲観したり。
喜怒哀楽深さおもしろい
私たちは宇宙リズム手作りされた贈り物
おうし座の人が王立植物園青い藤の花をじっとみている間も。
 

 
The ABC mail project was born out of the collaborative work of artist Yuko Kanamori, photographer Toshie Kusamoto, and Kano Ikegami.
 
On a postcard, participants wrote down words that came to mind from A to Z and sent it back to us via snail mail. Someone wrote in German, Arabic, Indonesian, Basque, Polish and so forth. Someone wrote in Ainu, Goto Island dialect and even ‘my own language’. One person’s on a journey. Another was convalescing. And one person’s letter took four months to get to Lebanon. There are so many unique stories from this project.

The ABC Mail Project
 
直接会うことが思うようにかなわない今、美術家のかなもりゆうこさん、写真家の草本利枝さんと『郵便プロジェクト』でコラボレーションしています。

ABCが印刷されたハガキにみなさんが思いつくことばを書いて送っていただきます。お友達やご家族の言葉でもOK。英語でなくても大丈夫。今後の展開も発信していきます。興味ある方はぜひDMください。
 

 
We are collaborating with an artist, Yuko Kanamori, and a photographer, Toshie Kusamoto, on the Mail Project. 
 
All you need to do is write your words, whatever words that come to mind, on the Alphabet Post Card and send it back to us by the end of April. It doesn’t have to be in English but please write in alphabet. If you are interested, please join us!
Photo by Toshie Kumamoto
 

 

At the Entrance of the Woods of Words

美術家のかなもりゆうこさんの作品『郵便プロジェクト』でコラボレーションしました。かなもりさんは映像やインスタレーションを中心に、丁寧な手仕事の要素を取り入れて作品制作をされています。
 
I collaborated with Yuko Kanamori, an artist, on her art piece called ‘Mail Project’. Yuko is an interdisciplinary artist. Her works cover visual images and installations with elaborate handwork.

 

 

郵便物にはかなもりさんの美しいアートピース、言葉をちりばめて描いた「Star Words Map」。みなさんからの言葉を送っていただく「ABC返信葉書」などが同封されています。小さなインタビューをしていただいたので、英訳もつけてみました。夏にはみなさんから集まった言葉を紡いで、違った形でご覧いただけるようにと企画中です。
 
Enclosed in the mail are Yuko’s small, beautiful art pieces, my drawing titled ’Star Words Map’ and an ‘ABC reply card’ that you can fill out with your favorite words and send back to us. I got interviewed by Yuko. We’re planning to make and showcase another art piece with the words that we receive from you.
 

 

Kio Griffith, Artist talk

日本とアメリカの両拠点で活躍されているアーティストのキオ・グリフィスさんにトークしていただきました。今回はLAと繋いでのオンライントーク。アメリカと日本、二つの文化背景を持つキオさんの作品について、「Bicultural」をキーワードに伺いました。

 

IMG_2186-1024x768
Coral Sea: The Unheroic Battle and the Surrender of Abandoned Youth
 

1942年、日本海軍とアメリカ軍の間で発生した珊瑚海での戦闘をモチーフにした作品では、キオさんのご家族とつながりのあるアメリカ、日本それぞれの視点から描かれています。間に合わせで作られた一見強靭に見える軍艦など、多くの船が沈没しながら誰も利益を得ない結果となった戦いを中立の立場から描いた作品です。
chronotope-muyua-kio-griffith-copy-517x1024
Operation Room
 

戦闘中に船が沈む際、海洋表面に大量に流れた油を描いたインスタレーション。当時は今のように環境への高い意識もなく、大量の油が海に流出しても取り上げられることはありませんでした。おもちゃの鉄砲やゲーム機をモチーフにした作品。俳句やギンズバーグの反戦詩から着想を得た作品など、中庸であるとは何かを問おうとする視点から制作されているように感じました。

 

・・・・・

17名の参加者からはさまざまな質問がありました。以下はQ & Aの一部です。
 

質問①母語はなんですか。
: 実は英語と日本語、そして幼い頃はフランス語でも教育を受けていたので言語が混じり合っています。目が覚める度に、ボクは日本人なのか?アメリカ人なのか?と分からなくなる時がありました(笑)。

世界でいろんな人々と出会い、経験を積んでいくうちに自分が日本人的だと感じるようにもなりました。行動や振る舞いも。きちんと話せなくて恥ずかしいと感じたり、攻撃的になれなかったり、表現することが苦手だったりする時があります。
 

質問②作品を作る時に、ご自身の意識で行う部分と無意識で行う部分、又はその境界線など考えることはありますか?
: ある程度までは意識的に、方程式や理論を立てるように作品を制作します。その後はそのコンセプトを少し夢見るような感覚になります。意識と無意識の部分が行ったり来たりして混じり合い、思いもかけなかったことが起こる。最後にはその境界線が無くなりぼやけて、魔法がかかっていくような感じです。
 

質問③ 二つの文化背景がある中、文化的なアイデンティティーは調和していますか。それとも対立していますか。作品にどのように反映しているでしょうか。

: 子どもの頃はレフリーのような感覚でした。どちらの文化、言い分が正しいのかと悩んだ時もありました。インターナショナルスクールに通っていたので同じような境遇の友人たちがいましたね。両文化にちょうど良い感じのラジオの周波数を探しているような感覚です。もつれた二つの文化の狭間に立って困難な時もありましたが、作品を通じて表現できることに幸せを感じています。
 

kio-griffith-spoken-blues
Spoken Blues
 

質問④ 「ムダなもの(waste)」について少しお話ししていただきたいです。現実的、功利的に向かうアメリカや日本の社会の流れの中で、アート、特に従来的ではないモダンアート以降のアートは「ゴミ(waste)」のように見えてくることがあります。例えば時間や資源、人材(human capital)の「ムダ使い」など。皮肉にもキオさんの作品の多くは出版物や消費されたモノ、また戦争の「廃棄物(waste)」などからできてますよね。「ムダ」「過剰(excess)」そして「優れていること(excellence )」との間に、なにか関わりはあるでしょうか。私たちはどのように「ゴミ」と「可能性」の両方を結びつけることができるでしょうか。
: 命を失ったモノに第二の人生を与えられないか、何かできることはないかと考えます。ちょっとした手術をしているような感じですね。フランケンシュタインみたいな(笑)。作っていく過程には、さまざまな発見がありました。「優れている(excellence)」という言葉には少しトラウマがあります。鍋島一族の出だった祖母は伝統を重んじ、花道や茶道なども含めた「完璧な」教育を求めました。私が幼い頃に感じた「優れている」ことに対するイメージは「怖い」でした。ただその枠から出て「ムダとされるもの」を集めていくうちに、自分にとっての新しい「優れている」ことの定義ができてきました。それはより優しく、人間らしいものになっていきました。
 

「人材(human capital)」とは面白い表現ですね。Amazonで買い物したらダンボールが勿体無いなあ、といつも罪悪感を感じてしまいます(笑)。ダンボールアーティストになるつもりはないけれど、ここでも何かできることはないだろうかと考えます。太平洋に浮かぶプラスチックのゴミの島も気になりますね。何ができるのだろうか。そこで国家を作る?市民権を得ますか?(笑)。また不動産やジェントリフィケーション(高級住宅化すること)、宅地開発などについても考えさせられます。
 

質問「ムダなもの」と「記憶」についてはどうでしょう。
: アートの歴史、一般的な歴史もそうですが多くは次の世代には失われます。デジタルで写真を残すことはできても、自分自身を記録に残すことはできない。そして異なる解釈がなされていく。そこに対して何ができるかを考え続けています。
 

・・・・・
 

言語と文化の間で、作品を通して問い続けるキオさんのトークを伺い、境界を超えたところからこそ見えるものがある。そこに誠実に、それぞれのやり方で取り組むことが面白く、大切なのだと感じさせられました。
 

Kio Griffith is, Los Angeles and Japan based artist, curator, and writer. His conceptual work includes drawing, painting, sound, video, performance, electronics, language, sculpture and installation. He has exhibited internationally in UK, Japan, Germany, Croatia, China, Hong Kong, Turkey, Belgium, Sweden, Mexico, the U.S. and so on.The objects and images in his artworks infused with the cross-cultural history in which he lives, he often reflects his own family history for personal experiences which create insights into a broader context.
http://kiogriffith.com

現在オーストラリアの大学で、心理学の分野で教鞭をとりながら、ベジタリアンやヴィーガンを取り巻く文化的背景を研究されているMattさんが『英語教室』のdiscussion groupに参加してくださいました。彼の質問は大変興味深くそれぞれ意見を交わしました。

 

How would you define “vegetarian” and “vegan”?  What do you think the most common motivations are for people to become vegans / vegetarians? How is vegetarianism / veganism perceived by the general public in Japan?
 

「ベジタリアンやヴィーガンってどういう風に捉えていますか。」
「ベジタリアンやヴィーガンになる人の一般的な動機ってなんでしょう。」
「一般的にベジタリアンやヴィーガンは日本でどのように受けとられていますか。」
などなど。70243635_1380339598798866_2730377797456363520_n  皆さんからは、「日本では、自然環境や動物愛護の観点からベジタリアンやヴィーガンになるというよりも、健康や嗜好として選択肢に入れる人が多いのではないか。」「ヴィーガンの人とご飯を食べる時、相手に喜んでもらうにはどのような食事を出せば良いか、どこで食べたら良いか悩む。」「肉や魚がどのように食卓に上がってくるのか考える機会があまりないけれど、目をそらしているだけだと反省する。」といった意見が出されました。

 
Mattさんには世界のベジタリアン、ヴィーガン事情やその文化的背景についてもお話ししていだだきました。個人の食べ方の問題だけでなく、考え方や生きる姿勢、環境問題や経済活動も絡み合う食と人との関わりは、深く考えたい大切なトピックです。

Taro Shinoda and His Works
 
アーティストであり、現在は東京藝術大学で教鞭も取られている篠田太郎さんに、作品について英語でトークしていただきました。世界のさまざまな都市で撮影された月の映像作品、’Lunar Reflection Transmission Technique’を観ながら、それらの土地を取り巻く環境や撮影中のハプニングなどについて伺いました。
 

TS_074_121002

 

IMG_1164

 

シャルジャやシドニーなどでの展示作品に向けての圧倒的な試作数。砂漠を舞台にしたダイナミックな作品。美術制作をする裏に、こんなにも科学実験や技術的な労力を費やしているとは心底驚きました。そうして完成した彼の「概念」が作品となった美しさは、言葉に表現するのが難しいです。実際に行って体感するしかありません。

 

柔らかくユーモアたっぷりの太郎さんのトークは、繊細さとダイナミックさが不思議に融合して魅了されっぱなし。トーク後は今回の会場である『山食音』で美味しいミールスとチャイをいただきました。外は寒空でしたが、太郎さんの生き様に熱くなった夜でした。

 

IMG_0423

 

Shinoda Taro, an artist and who now teaches at Tokyo University of the Arts, gave a talk about his artwork in English.

 His visual work, “Lunar Reflection Transmission Technique”, which includes images of the moon, was filmed in various cities all over the world. While the audience watched the piece, he discussed the environments of the various cities where it was shot and his experiences in those locations.

 



An overwhelming number of prototype models were made for art exhibitions in locales, such as Sharjah and Sydney, amongst others. And a dynamic work in the middle of desert. We were really surprised by the numerous scientific and technical experiments he conducts behind the scenes to make his art. When his ‘concepts’ actually take shape, his work has an authentic beauty that is beyond description and really must be seen in person. 

 

2016BIE_410

 



His talk was soft and humorous, and created a mysterious fusion of delicacy and dynamism that fascinated the audience. After the talk, we had a delicious meal with chai at the venue, Yama-shoku-on. It was cold outside but we we’re deeply warmed by his unique way of life.


大見をARUKU ‘Make an Emotional Time Capsule Map of Oomi’
 

003DSC_3154-

 

集団離村から40年以上経つ大見村を歩きながら、感じたことを地図上に英語で書いていくワークショップをしました。ひとつの言葉には、いくつもの意味があって、それが他言語だとより難しいけれど、相手に伝えるためにふさわしい言葉を探していく。その過程がとっても面白かったです。
離村となった経緯や戦争の跡について考えながらも、美しい自然の中で若い人たちが新しく作り出していく力に、心がいっぱい動いた日になりました。

 

041DSC_3555-

 

048DSC_3619-

 

『「気配」って英語でなんて言うんですか?』と聞かれて、みんなで考えました。
sign(しるし、兆し)
supernatural?( 超自然) ちょっと違うなあ。
presence?(存在すること、居ること) あ、いい感じ!
などと話していると、日本語が堪能なインド人参加者の、『「気を配る」と同じ漢字ですか?』との鋭い質問。みなさんで「おー、気が付かなかった。」となんだか深く納得しました。他の言語について考えると、自分の言葉に戻っていくんですね。言語やことばの深さについて、改めて考える機会となりました。

 

「感じたこと」が英語で書かれた地図を重ねると、こんなにもいろんな気持ちがうごめいているのかと圧倒されます。ワークショップの最後にプロジェクターに地図が映し出された時は「美しい。」「ゲイジュツー!」と歓声が上がりました。皆さんからいただいたアイデアを元に、これから少し手を加えて、いつかどこかでお見せする予定です。
 

45079397_2198238680250613_533000540875915264_n

 

最後にみんなで記念撮影。楽しい時間だったなあ。

 

058DSC_3782-

 

We held an English workshop in Oomi, a village whose residents all left more than forty years ago. We went to the closed school, a graveyard and a shrine. We also went to a beautiful tiny house that has been newly constructed “off-the-grid”.

 

While walking through the village, everyone wrote in English on a map how each place made them feel. Since it is not their first language, it wasn’t easy for them to express feelings in English. Therefore, we discussed with each other what would be the most appropriate expressions to use.

 

At the end, we overlaid everyone’s maps on top of each other to complete the ‘Map of Your Feelings in Oomi’. The overlay map was very beautiful. We’ll show it to you sometime soon.
Thinking about why the residents had to leave the village and seeing the traces of the war were a bit overwhelming. But I was deeply moved by the energy of young people who create new things in the beauty of nature.
Photo : 草本 利枝 (Toshie Kusamoto)

English Camp Project Proposals
『英語合宿の企画書』

 

生徒のみなさんに参加したら楽しくて、英語が話したくなるような合宿を想像して、企画書を書いていただきました。

 

37772633_1245196812284136_3141656426837966848_n

 

左ページにオリジナル原稿。右ページにはEnglish Schoolが添削した赤字が入っています。

 

見開き_Fotor

 

最後のページは、それぞれがつけた題名を根っこにした、樹のドローイングです。

 

37737600_1245192625617888_1993131130496221184_n

 

秋からベルリンへ旅立つSEA SONS PRESSさんとのコラボ制作の小冊子が出来上がりました。
http://sea-sons-press.com/

 

You Decide Where Curiosity Goes

 

デンマークの映画監督Andreas Johnsenさんがトークに来てくださいました。
サブカルを含めた文化に対する深い洞察力を持ち合わせた彼のお話しはとても刺激的です。

 

Andreas Johnsen, director, producer and owner of the film company, Rosforth, visited the English School. His insightful perspectives on culture – including subcultures – was unique and beyond comparison.

 
R0017485
 
Although Andreas has travelled to many parts of the world to make films, we asked him if he finds inspiration in his home town of Copenhagen.
 
He told us about the fascinating story of a young musician in Copenhagen who became an overnight star while socking the mainstream music business in his film ‘KIDD LIFE’.
 
bugs

 

撮影中の新作の話しも大変興味深く「物事はなんでも白黒はっきりしている’duality’(二元性)だけで成り立っているのではない。その間にあるさまざまな層が興味深い。」と話してくださいました。生徒のみなさんとのQuestions and Answers にも一人一人に丁寧に答えていただき、印象深い時間となりました。

 

He said, ‘Things are not always built on ‘duality’, like black and white. The diversity of layers in between are fascinating.’ After that, we asked him questions and he answered with great consideration. Thank you, Andreas, for the amazing time.

 
R0017478