• News
  • About Lessons
  • About
  • Archives
  • Bells and Whistles
  • Contact

京都一乗寺のギャラリー「青い虹」にてトルコ人アーティスト、ルメイサさんのアニメーションの上映会とアーティストトークを開催します。(トルコ語、英語字幕)
英語でのアーティストトークの前に、英単語や少し難しい表現をみなさんと共有してからショートアニメーションを鑑賞します。その後のアーティストトークではイスラム文化の観点より、芸術作品を制作すること、またイスラムの芸術について英語と日本語を交えて話します。お茶とお菓子を囲んでの小さな座談会です。ぜひご参加ください。

4月13日(土)14:00-15:30 1500円(トルコのお茶とお菓子つき)
@gallery 青い虹  京都市左京区一乗寺築田町35-7

最寄駅: 叡山電鉄叡山線 一乗寺駅
最寄バス停: 一乗寺木本町
こちらのHP、もしくはgiftofwords20@gmail.comまでお名前、メールアドレスをお知らせください。

ハムルジュ ルメイサ
オランダで育ち、トルコ文化を背景に持つルメイサさんは、イスラムの精神を通して、愛や帰属意識、アイデンティティを探求するアーティストです。ロッテルダムのウィレム・デ・クーニング・アカデミー、アニメーション学科を卒業。映像業界で働いた後、現在京都精華大学大学院マンガ研究科修士課程在籍。


Hayat- An artistic practice from an Islamic lens’ An animation screening and an artist talk
(Turkish film with English subtitles)

A screening of Turkish artist Rümeysa’s animation and an artist talk will be held at the gallery “Blue Rainbow” in Ichijoji, Kyoto.

April 13th, 2024 (Saturday) 14:00~15:30
Entrance fee: 1500 yen (with Turkish tea and sweets)
At Blue Rainbow Kyoto, Sakyo Ward, Ichijōji Tsukidachō, 35-7

Rümeysa is an artist-driven to explore the themes of love, belonging and identity through the lens of Islamic spirituality. She uses animation and illustration as her medium.

Rümeysa graduated from the Willem de Kooning Academy in Rotterdam with an animation major. She won first prize in the bachelor research award with her thesis ‘Stories on Hold.’ After several years working in the creative industry, she started her master’s degree at the Graduate School of Manga at Kyoto Seika University.